高齢者の予防接種

2020年4月1日

65歳以上の方を対象として実施している予防接種のページです。

子どもの予防接種をご覧になりたい方はこちらから→子育て支援係 予防接種

令和2年度高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種

高齢者用肺炎球菌ワクチンについて

現在、日本人の死亡原因第5位は肺炎です。肺炎の主な原因は肺炎球菌によるもので、この予防接種はその発病や重症化を防ぐためのものです

(ただし、予防接種で全ての肺炎が防げるわけではありません)

令和2年度実施期間

令和2年4月1日(水) ~ 令和3年3月31日(水)

※この期間を過ぎると下記の生年月日の方は対象から外れ、市の補助が受けられなくなりますのでご注意ください。

令和2年度対象者

注意

今までに肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス NP)をされた方は対象になりません。

万が一、5年以内に再接種をした場合、接種部位が傷む・腫れる・硬くなる等の副反応が強く出ることがありますので、特にご注意ください。

 

今までに肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を接種した事がなく、行橋市に住民票がある方

(1)下記の生年月日の方

 

生年月日(令和3年4月1日時点年齢)

昭和30年4月2日~昭和31年4月1日(65歳)
昭和25年4月2日~昭和26年4月1日(70歳)
昭和20年4月2日~昭和21年4月1日(75歳)
昭和15年4月2日~昭和16年4月1日(80歳)
昭和10年4月2日~昭和11年4月1日(85歳)
昭和 5年4月2日~昭和 6年4月1日(90歳)

大正14年4月2日~大正15年4月1日(95歳)

大正9年4月2日~大正10年4月1日(100歳)

 

※対象者には、ご案内はがきを4月にお送りします。(ただし、5年前に行橋市在住で定期予防接種を受けられた方を除きます。)                                                          

(2)60歳以上65歳未満の方で心臓・腎臓または呼吸器の機能に障がいがあり身の回りの生活を極度に制限される方(概ね身体障害者障害程度等級 1級の方)又は、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいがあり、日常生活がほとんど不可能な方(概ね身体障害者障害程度等級 1級の方)。

なお、上記の障がい以外(例:肢体不自由等)の方は該当しません。

※対象者(2)の方で、身体障害者障害程度等級 1級をお持ちの方は身体障害者手帳を持参してください。

自己負担金

2,000円

※対象の方のうち、生活保護受給中の方は無料です。「保護受給証明書」(市役所生活支援課で発行)を医療機関窓口に提出してください。

持参品

自己負担金2,000円(生活保護受給中の方は保護受給証明書)、保険証、ご案内はがき※上記(1)対象者

指定医療機関

令和2年度肺炎球菌医療機関.pdf(288KB)

 予防接種を受けることができない方

  • 発熱している方(37.5℃以上の発熱)
  • 重篤かつ急性疾患にかかっている方
  • その他、主治医または接種医が予防接種を見合わせるべきと判断した方

注意事項

  • できるだけ体調が良い日を選んで予防接種を受けるようにしてください。
  • 予防接種後の過激な運動、飲酒は体調に支障をきたすおそれがありますので、接種後24時間は避けましょう。
  • 予防接種当日の入浴は差し支えありません。
  • 接種後24時間、特に接種直後の30分以内は健康状態の変化に注意しましょう(肺炎球菌ワクチンは、5年以内に再接種をした場合、副反応が強く出ることがありますので、特にご注意ください。)
  • 予防接種を受けた後、予防接種部位が痛みや熱をもってひどく腫れたり、悪寒、頭痛、じんましん、高熱が出るなどしたら、保険証を持って受診した医療機関を受診してください。

 

 令和2年度 高齢者インフルエンザ予防接種

 

令和2年10月1日(木)~令和3年2月27日(土)の間、指定医療機関において、高齢者インフルエンザ予防接種(定期)を実施いたします。対象者、指定医療機関等、詳細については、9月にお知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

地域福祉課
健康づくり推進係
電話:0930-25-1111(1215,1216),0930-23-8888
ファクシミリ:0930-25-2650