行橋市図書館等複合施設整備事業

2017年3月3日

行橋市図書館等複合施設整備事業

目的

 本事業の目的は、人口減少社会に備えた「持続可能な地方都市」を目指すことであり、その手法として行橋駅東側の市有地(旧ミラモーレ跡地)を活用し、中心市街地の空洞化に歯止めをかけ、人の往来を取り戻し、昼間人口、夜間人口(居住人口)共に高めるための牽引役となることです。

 また、そこで生まれる人の往来を、まちに波及させる「しかけ」づくりにより、一度だけでなく、何度も訪れたい空間を創出していき、いずれは周辺の居住人口の増加を期待するものです。

 

概要

 本事業は、本市の地域交流の拠点、文化・情報の発信拠点施設としての機能が発揮できる施設として、公共施設(図書館、交流スペース等)と民間施設(カフェ等)の複合施設を整備し、その維持管理・運営を行うものです。PFI法第10条第1項に準じて、公共施設等の管理者等である本市が事業者と締結する本事業に係る契約書に従い、事業者が施設整備を行った後、施設の所有権を本市に移管して事業者が維持管理業務・運営業務を遂行するPFI方式(BTO:Build Transfer Operate)により実施します。

 

これまでの取り組みと公表資料はこちら

概要その1.jpg 概要その2.jpg 概要その3.jpg 概要その4.jpg 概要その5.jpg 概要その6.jpg 概要その7.jpg 概要その8.jpg 概要その9.jpg 概要その10.jpg 概要その11.jpg

関連記事

このページに関するお問い合わせ

都市政策課
市街地整備係
電話:0930-25-1111