資料館企画展「米山ミシンからの贈りモノ ―ミシンの進化をたどる展示会―」

2021年4月17日

 

行橋市歴史資料館令和3年度第1回企画展

 

 

米山ミシンからの贈りモノ

 

 行橋駅前通りに店を構えていたミシン店「米山ミシン」では、幕末日本が世界に開かれたころの貴重なミシンをはじめ、カメラや電話機といった民具を多数収集、展示なさっていました。 米山ミシンは昨年惜しまれながら閉店されましたが、展示されていた資料に販売品であったミシンを加え、100点余りを行橋市歴史資料館にご寄贈いただきました。

 このたびの企画展では、寄贈資料のうちミシン12点を展示しています。 江戸時代末に輸入された貴重なものから現代のコンピュータ制御のミシンまでが揃っており、時代ごとに機能が進化し、形態が変化していく過程を見て取ることができます。

 


 会場: 行橋市歴史資料館 (行橋市中央1-9-3 コスメイト行橋2階)

 期間: 令和3年4月17日(土)~6月28日(月)

     10時~18時 (入館は17時45分まで)

 休館: 毎週火曜日 (5月4日は開館し、5月6日に振り替え休館)

 TEL : 0930-25-3133

展示風景

 

展 示 風 景

このページに関するお問い合わせ

文化課
行橋市歴史資料館
電話:0930-25-3133