新型コロナワクチン接種についてお知らせします(令和3年11月25日現在)

2021年11月29日

目次

 >追加接種(3回目)について

 >1回目・2回目の接種がお済でない方へ

 >接種に関する相談窓口

 >予防接種健康被害救済制度について

 >接種状況

 新型コロナウイルスワクチン接種証明書について  NEW!

 >住所地外接種について                 

 >接種券(クーポン券)の再発行、行橋市への転入による発行申請 

 >キャンセル待ち登録について

 新型コロナワクチンの副反応について (厚生労働省ホームページ) 

 >ワクチンに関する正しい知識(首相官邸ホームページ

 

追加接種(3回目)について

新型コロナワクチンの追加接種の実施について、国より今後の方針が示されました。行橋市においても国の方針に基づき、追加接種を進めてまいります。

下記の情報は、現段階での内容となります。今後変更となる可能性もありますが、その際は、行橋市公式ホームページ、公式LINE、dボタンでお知らせします。

 

【対象者・接種回数】

〇2回目接種を終了した方のうち、概ね8か月以上経過した方を対象に追加接種を1回行います。

〇現在のところ接種日時点で18歳以上の方を対象としています。

※他の予防接種と13日以上の間隔をあける必要があります。

 

【スケジュールの目安】

〇2回目接種を終了後概ね8か月を経過した方に対して接種券を郵送します。

〇令和3年3月、4月に2回目接種を終えた方は、11月末に接種券を送付予定です。

〇市内医療機関での接種予約は令和4年1月中旬頃の開始を予定しています。

 

【医療従事者の方】

〇個別接種を行う病院に勤務している医療従事者の方

行橋市より送付する接種券を使用し、勤務先の病院で接種をお願いします。

その際、勤務先が行橋市外でも接種可能です。(住所地外接種等の申請は不要です。)
〇個別接種を行わない病院等に勤務している医療従事者の方

令和4年1月中旬頃(予定)よりご自身で予約をお取りいただき、1月下旬より市内医療機関で接種をお願いします。

 

【接種券が届かない方】

〇行橋市以外の市区町村が発行した接種券を使って1,2回目接種を受け、その後行橋市に転入した方や海外、羽田空港等で接種を受けた方の接種履歴は行橋市に自動的には引き継がれません。

〇「予防接種済証」などの接種履歴がわかるものをお手元に準備の上コールセンターにお電話をお願いします。接種履歴を確認後、接種券を郵送します。

〇接種券がお手元に届くまで1週間程度かかります。

1回目・2回目の接種がお済でない方へ

令和3年10月、11月に新12歳になった方および未接種の方のうち接種を希望される方に下記のとおり接種を行います。

 

【ワクチン接種予約について】

〇接種医療機関

 新12歳接種医療機関

 

〇予約期間

 11月26日(金)9:00~接種前日まで

 

〇予約方法

 行橋市コールセンター(0570-001-417)にお電話の上、予約をしてください。

 ※ 今回は、インターネット、LINEの予約は行いません。

 ※ 2回目の接種日は、1回目接種の3週間後になります。

   2回目の接種日も考慮の上、1回目の予約のみ行ってください。

 ※行橋市コールセンターの開設時間は、月曜~土曜(祝日を除く)の9時~18時です。

 

【持参するものについて】

 〇接種券

 〇予診票

 〇身分証明書(マイナバーカード、保険証等)

 〇おくすり手帳(お薬を飲まれている方)

接種に関する相談窓口

行橋市のコールセンター 

 電話番号:0570-001-417(ナビダイヤル)

 受付時間:9時~18時 月曜から土曜(日曜・祝日はお休みです)

 相談例:行橋市の接種場所、接種を受けるまでの流れ、市外での接種の手続き方法、接種券(クーポン券)の再交付等

 

福岡県のコールセンター

 福岡県新型コロナウイルスワクチン専用ダイヤル

 (※接種後の副反応など医学的な知見が必要となる専門的な相談のための専用ダイヤル。専門的な知識を持つ薬剤師が対応します。)

 電話番号 0570-072-972(ナビダイヤル)

 受付時間 24時間(土・日・祝日も実施)

 

厚生労働省のコールセンター

   厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

   電話番号   0120761770(フリーダイヤル)

   受付時間 午前9時~午後9時(土日・祝日も実施)

 ※聴覚に障がいのある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ【外部リンク】をご覧ください。

 

※接種は強制ではありません

   予防接種を受ける方は、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

 

※接種による健康被害救済制度

 ワクチン接種後に健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。

  詳しくはこちらをご覧ください。

 

※ワクチン接種を悪用した詐欺にご注意ください

 新型コロナワクチン接種を悪用した詐欺に関する相談が、全国の消費生活センター等に寄せられています。ワクチン接種に関して、金銭や個人情報を電話やメールで求められることはありませんのでご注意ください。詳しくはこちらをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

地域福祉課
電話:0930-25-1111