水道管の凍結にご注意ください!

2023年1月24日

寒波.jpg

 

強い寒波の到来により、水道管が凍結し、水が出にくくなったり、破裂することがあります。

宅地内で水道管が破裂した場合の修理費用は、お客様負担となります。

最新の天気予報に注意を払い、凍結対策を心がけましょう。

※24日(火曜日)より大幅な気温の低下が予想されています。

凍結を防ぐために

□保温材等を巻き付ける

  露出した水道管に、保温材や厚手の布を巻き付け、ビニールテープなどをその上から巻いて保温します。

  保温材はホームセンター等で販売しています。

 

    屋外水道管.pdf(318KB)

□メーターボックス内部にも保温材を入れる

  メーターボックス内部に、発泡スチロールの破片等保温材や水に濡れないようにビニール袋に入れた布を詰めて保温します。

  ※メーター検針ができるようにご協力をお願いします。

 

  メーターボックス.pdf(558KB)

□少量の水を流したままにしておく

  前夜から少量の水を蛇口から流したままにしておくことで、水の流れができ、凍結を防ぎます。

  ※水の量は「ぽたぽた」ではなく、一筋の細い線になる程度(鉛筆の芯程度の太さ)が目安

 

  水道.pdf(282KB)

凍結しやすい水道管

 

・屋外で水道管がむき出しになっているもの

 

・家の北側で日当たりが悪い場所にあるもの

 

・風当たりが強い場所にあるもの

 

・空き家の水道管

 

水道管が凍結してしまったら

□自然に溶けるのを待つ

  気温が上がれば溶けて水が出るようになります。

 

□水道管にぬるま湯をかける

  凍ってしまった部分にタオルや布を被せ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてください。

  ※絶対に熱湯はかけないでください!

  ※凍った際にすでに管が破損している可能性もあります。事前の対策が肝心です!!

 

水道管が破損してしまったら

  メーターボックス内の元栓(止水栓)を閉め、行橋市指定給水装置工事事業者に修理の依頼をしてください。

 ※宅地内での修繕費用については、お客様負担となります。

 

 ・指定業者一覧

 

 

 止水栓.jpg

   ※元栓の形状が異なる場合がありますが、時計回りに回すことで水を止めることができます。

 

 

  宅内の水道メーターから道路側で漏水しているときは、上水道課までご連絡ください。

 

 万が一に備えて

 凍結により水道が使用できなくなることを想定して、浴槽などに水の汲み置きをしておきましょう。

このページに関するお問い合わせ

上水道課
電話:0930-25-1111